水戸の梅まつり

今年の水戸の梅まつりは、3月31日まで。

偕楽園と弘道館を会場として、行われるんだそうです。

水戸の梅まつりは、梅の花だけではなく、野点茶会や、雛流しなど、土日を中心に、たくさんのイベントが、開催されるっていうこで、

ちょっと早めの春を楽しみに行きたいものです。


水戸の梅まつりの主な会場としては、全国でも有名な「偕楽園」ですね。

こちらには、100種類もの梅が、約3,000本も花を咲かせるんだそうです。


これは、そろそろ行く準備をしておかないと。


梅の花の香りを楽しみながら、広い庭園を散策するって、最高ですよね。

 

水戸の梅まつり、今年は、夜も、いいんだそうです。

というのも、趣向を凝らしたライトアップが、計画されているんだそうです。

LEDで、ライトアップするのですが、

そのライトの色が、少しずつ変化するようになっているので、

とてもロマンチックになっているんだそうです。


花の色は、一つだったとしても、それが、ライトの色で、変化するって・・・きっと、美しいんでしょうね。

また、ライトアップしているのは、梅林ばかりではなく、奥まったところにある「竹林」も、照明を当てて、きれいになっているので、そちらも楽しんで欲しいということらしいです。

こうなったら、まつり会場、全部見るぞっていう勢いで行くのが、正しいのかもしれないですね♪


水戸の梅まつりのライトアップの日程は、

3月3日から、3月20日まで。

日没から午後9時まで。

 

見ておきたいポイントの一つとして、「水戸の六名木」っていうのが、あるんだそうです。

烈公梅(れつこうばい)、白難波(しろなにわ)、月影(つきかげ)、虎の尾(とらのお)、柳川枝垂(やながわしだれ)、江南所無(こうなんしょむ)とあるんだとか。

これらは、偕楽園の中でも、特に優れた色、形、そして香りのする木なんだそうです。

ということなら、ぜひ、見ておきたいものですが・・・

目印があるんだそうです。

それぞれの梅の木には、六角形の竹でできた囲いが、しつらえてあるので、それを目当てに行けば、すぐに見つけることが、できるんだそうです。


また、まつりの期間中、「早咲き、中咲き、遅咲きの花」があるので、来る時期によっても、景色が変わるので、そういったところも、見ものなんだそうです。

洋服とか雑貨とかの通販

 


© 2017 水戸の梅まつり rss